ブログトップ

おしりにっき

osirinikki.exblog.jp

やっと感想


ここからは当時書いた日記のコピーです

   ↓

観たかったオーガニック給食のやつ(『未来の食卓』) 見てきた

あの映画がすべてではないと思うけど
ぐぐぐっときたので書きます
e0222597_230388.jpg

農薬を使用して野菜を作っている農家自身が
自分と子ども達にガンを患い
とても辛い現実をたくさん抱えてた

農薬を使わないとたくさんの量を供給することはできないけど
その野菜を農家の本人達さえ食べているのかは疑問だった
(映画ではあまりはっきり言わないのだ)

農業が主な産業のフランスののどかな田舎の村で
外見からはとても信じられない現実で苦しんでる

この映画はドキュメンタリーだけど全てを表しているわけではないと思う
だけどガンの発症理由で、遺伝や生活習慣よりも
発がん性の高い農薬の影響を受けた人の確立が
一番高いと知って驚愕した

その確立は90%以上
本当に耳を疑った
(当時のフランス調べ)

---------------------------------------------------------

私は全てをオーガニックにすることはできないかもしれないし
いろんな拘束の中でガチガチになって料理や生活を楽しめないのも寂しいけど

まだ居ない自分の子孫や
大切な友人の子ども達の未来を守ってあげるのは
今を生きる大人の義務なんじゃないかな?と思うし
とにかく安価なものを求め続ける私達にもすごく責任があると思う

私はディスカウントスーパーもユニクロもしまむらも好きだけど
その物を買うことで誰かは「ウハウハ」だけど
誰かはとても苦しんでいるのなら
これはすごく責任の重い行為のような気がする

難しいようだけど
実はとてもシンプルな問題だと思う

あったかい人のぬくもりを感じられる買い物をしなくっちゃなー

今年に入ってフェアトレードとか地産地消、organic
今まで耳には入ってたけどあんまり自分の問題として深刻に考えたことなかったフレーズがものすごく気になる

誰かを思う優しい気持ちで生活すれば
世界はもっと優しくまあるくなれるんじゃないかな?
(今の世界は三角形だ)
e0222597_22494974.jpg


だいぶ影響されてしまったけど・・・
自分にも他人にもなるべく優しい生活を私は心がけたいな



2010.3.19






『未来の食卓』


映画『未来の食卓』
[PR]
by osirinikki | 2011-02-10 23:30 | 映画とか本とか
<< MONSTER10@HANG きっかけ >>